【初心者必見!】就活生を口説くためのナンパ方法を徹底解説。

就活生ナンパの画像
  • 就活生をナンパするときの服装は?
  • 就活生ナンパのおすすめのスポットは?
  • 就活生をナンパする方法が知りたい!

といったことは、就活生をナンパするなると皆さんが気になることでしょう。

相手の属性をしっかりと把握して立ち回ることはナンパをするうえで役に立ちます。

ぜひ、お願いします!

そこで今回はオススメのナンパスポットからその後の導線まで徹底解説していきます。

この記事を読めば、就活生が相手のナンパの成功率がぐんと上がること間違いなし。

それでは見てみましょう。

目次

就活生ナンパの成功率を上げるための方法について解説!

ナンパ初心者や未経験者に就活生を相手にしたナンパはオススメです。

なぜなら「就活」という共通の話題があるから。

これにより、何を話せばいいのかわからないといったようなことにもなりません。

それに加えて、

  • 地方から泊まりで来ている子もいる。
  • 見ただけで就活生だと分かる。
  • 就活経験者という立場が利用できる。
  • 1人で行動しているので声がかけやすい

など、多くの理由があります。

特に、就活生の子はリクルートスタイルなど、すぐにわかりやすいのがポイント。

就活したことないとだめですか?

就活未経験でも、声掛けは適当で大丈夫です。

なぜなら、普段よりもナンパに対する警戒心が緩んでいるから。

どういうことですか?

一体どういうことなのかを、具体的に見ていきましょう。

「不安」の感情にアプローチしよう!

なぜ、就活生はナンパに対する警戒心が薄れていると言えるのでしょうか。

その理由は、就活に対する”不安”や”悩み”を抱えているから。

この「不安」や「悩み」という感情がポイント。

人間は悩みや不安を誰かに共有したい生き物です。

あなたも、不安を感じたときに、誰かに話を聞いてほしいと感じたことはないですか?

あります!

この不安を聞いてほしいという心理を利用します。

こうした心理を利用することで、普段ナンパについていかない女の子でも、口説ける可能性が上がります。

なぜなら、不安な気持ちを聞いてほしいから。

就活をしている女の子は、まじめな子が多いのも特徴です。

まじめな子の方が不安を抱えてしまうことが多いですよね!

そんな彼女たちの愚痴を聞くというポジションを意識しましょう。

愚痴を聞くことで距離感が縮まるのですね。

ただ、いくつか注意点があります。

  • 愚痴は最後まで聞かない。
  • 具体的なアドバイスをしない。
  • あくまで会話の主導権は自分が握る。
  • 終始ユーモアを意識する。

上記に関して、下記で詳しく解説していきます。

まずは、声をかけてお店に誘導しましょう。

そもそも声のかけかたが分からないという方はこちらを参考にしてください。

【決定版】ナンパオープナーはこれで完璧!ネトストどちらも対応!

話を聞くだけの都合のいい男はやめよう

「聞き上手はモテる」という言葉を聞いたことがありませんか?

でもこれ、言葉通りに解釈すると痛い目を見ます。

女性慣れしていない人の中には、ひたすら話を聞いている”だけ”の人も多いことでしょう。

ただの都合のいい人です。

たしかに、自分の話を聞いてくれる人に興味を持つのは自然。

しかし、これは自分が相手よりも格上のときに成り立つものです。

自分よりも「格上」が、話を聞いてくれるから意味があります。

相手に舐められていては話になりません。

相手に格下認定されてしまう理由は以下の通り。

  • 視覚的なムダが多い。
  • 話し方に自信がなさそう。
  • 外見レベルが低い(スト値が低い)
  • 主導権を握れていない。
  • 無意識に相手を格上として認識している。

「視覚的なムダ」とは、動きに落ち着きがないなど。

まずは、最低限の外見を意識すれば大丈夫。

少なくとも、相手に格下認定されなければ問題ありません。

リアクションも重要です。

ただ話を聞くだけじゃないんですね。

反応の薄い相手に話すことは、壁に向かって話しているのと何ら変わりありません。

少なくとも、リアクションを大きくすることや、共感をすることを意識しましょう。

女の子が楽しいと感じる雰囲気を作ることも大切です。

どうやって雰囲気を作ったらいいんですか?

たしかに、慣れないうちは難しいですよね

基本的には、女の子に気分よく話してもらうことができれば大丈夫。

どうやったら気分よく話してもらえるのか?

そこで重要なのが意図的に「共感」すること。

「共感」で”理解者ポジション”を獲得しよう

女の子が楽しいと感じる雰囲気を作るためには、「共感」を示してあげることが効果的です。

特に悩みを抱えている「就活生」には効果抜群。

共感とは何ですか?

共感とは、相手の話に理解を示すことです。

ポイントは、自分も同じ経験をしたつもりで相手の話を聞くこと。

似た言葉に、「同情」という言葉があります。

こちらは、第三者目線。

「共感」が自分事としてとらえるのに対して、「同情」は他人事としてとらえているイメージです。

共感と同情の違いについての説明です。

まちがっても、

わかる~

それな~

たしかに…!

などの、いかにも共感しているようなワードを多用することは避けましょう。

この人は本当にわかっているのだろうかと疑われてしまいます。

適度に使用するのであれば問題ありませんが、上記のワードを使いすぎると逆に機嫌を損なう可能性が高まるのです。

なるべくバレないように「共感」しているフリをしましょう。

それって難しくないですか?

もちろん、慣れないうちは難しいでしょう。

特に、自分の体験したことのないことに対して理解を示すのは困難ですよね。

でもこれ、比較的簡単に解決することができます。

相手の意見を受け止めつつ、自分の言葉で言い換えるだけ。

対して興味もない相手の話を聞いていると、

  • 話が長いな
  • 早く終わらないかな
  • どうやって口説こうか

色々な感情が出てくると思います。

でも、相手の話をひたすら聞くことに徹してください。

共感しているふりをする方法の画像

このような流れです。

意外とやってしまう失敗は、自分の考えを付け加えてしまうこと。

価値観が合わないと思われてしまいます。

普段から、「聞く⇒言い換え」を意識してみましょう。

この考え方ができると、同性の格上にも一目置かれる存在になること間違いなし。

相手は、しっかりと自分の話を理解してくれてると感じてくれます。

まずは、相手の理解者を目指しましょう。

理解者ポジションに入ることができれば、あとは相手を認めてあげるだけ。

承認欲求を満たしてあげる言葉としては、

  • がんばってるね
  • おつかれさま
  • みんな頼りにしてると思うよ

他にも、ドラマのようなキザなセリフをかけてみるのもよいでしょう。

前述の通り”格上認定”されていることが前提なので気を付けましょう!

基本的には、相手が欲しているであろう言葉を察してあげることがポイントです。

承認欲求を満たしてあげるんですね!

これは、どんなアポでも通用するので意識してみてください。

ただ、初対面の相手にガチトーンで言われても重いだけだと感じてしまうので、軽い感じを意識しましょう。

えっ、めっちゃ頑張ってるじゃん!
ふつうそこまで考えないよ?

あくまで参考の一つですが、こんな感じです。

これまで意識的に女の子と関わることが少なかった人たちは、

「どういうスタンスで女の子と接するのか」

といった役作りをしっかりしておきましょう。

ワンランク上を目指すための会話術

「共感」のためには、

1.相手の意見を受け止める。
2.自分の言葉で言い換える。

これができれば大丈夫。

1回限りの相手であれば、承認欲求を満たしてくれる理解者ポジションを目指せば問題ありません。

ただ、長期的な関係性を目指すのであればこれでは少し弱いです。

なんでダメなんですか?

純粋に舐められてしまうためです。

長期的な関係を目指すのであれば、相手の価値観を全承認する”だけ”は絶対にNG。

相手の価値観を受け止めつつ、自分の価値観を植え付けることが重要です。

自分の意見はダメって言ってませんでしたか?

たしかに、下手に自分の意見を押し付けるムーブは良くないです。

相手の意見を最後まで聞き、受け止めたうえで、自分は”こう思う”と伝えましょう。

コツは当たり前のように伝えることです。

誰かに意見を言うときに、マウントをとるような話し方や、自信がないように伝えていませんか?

また、下からお伺いを立てるような伝え方をするくらいなら聞き役に徹する方が無難です。

自分の意見が100%正しいと押し付けることもやめましょう。

「自分の意見」を伝えることの目的は、”相手に”新たな価値観を与えること。

新しい気付きを感じてもらうことで、「尊敬」を集めることが重要です。

いわゆる価値観トーク。

このような思考で会話の主導権を握れると、勝率が上がること間違いなしです。

もちろん、価値観トークをするには、自分自身の中身を鍛えておく必要があります。

あまりにも偉そうなことや立派なことを言っていても、スペック自体が低くては話になりません。

なんかすごいこと言ってるけど、実力が伴ってない口だけの人に見えてしまいます。

楽して簡単にとはいかないんですね。

ただ、別の視点からの考え方などは役立つので、日ごろから色々な考え方をしてみると良いです。

また、こちらも同様に「まじめな雰囲気で」自分語りをするのは控えましょう。

相手の様子を観察しつつ、状況に応じて話の路線を変更していくことが重要です。

内面なんてどうやって鍛えるんですか

内面を鍛えるための”手法の一例”はこんな感じです。

  • 読書
  • 筋トレ
  • 色々な格上似合う

あくまで一例にすぎませんが、少しだけ解説していきます。

これが正解というものはありませんが、1人の時間を大事にすることも重要です。

内面を磨くことにどうつながるのか

読書や格上似合うのは、自分にはない価値観を得ることで感性を磨くため。

本を読んで表面的に知っただけの内容を、さも偉そうに語るのは恥ずかしいのでやめましょう。

内容の復習のために説明してみるのはありです!

書籍に関しては、自己啓発書だけではなく文学作品を読むのもオススメ。

自己啓発だけだと、自己肯定感が下がり逆効果の可能性も。

勉強という意味では、古典などを読むのも良いでしょう。

古典は教訓がテーマとなってることが多いため。

現代では、無数に書籍が存在しますが、ほとんどはお金稼ぎが目的。

信頼できる人からのおすすめを聞くのも良いし、自分の興味のあるものでも良いでしょう。

『読書=無駄』とやる前から決めつけずに実践してみてください。

ただ読むだけではなく、考察することが重要です。

単語や言い回しなど、自分の言語力を鍛えていきましょう。

筋トレはどんな関係があるんですか!

筋トレに関しては、自己管理能力やメンタル面で効果があります。

特に効果を求めるなら、大腿四頭筋など筋肉の多い部分を刺激することが重要です。

テストステロンというホルモンが分泌されやすくなります。

特に、足の部分にはレセプター(受容体)が多く存在するため、スクワットが効果的。

辛くてきついことから逃げない意志力(マインド)が鍛えられるのでオススメです。

科学的にもメンタル向上の効果が認められているので、ぜひ取り組んでみてください。

そんな簡単に脚は太くならないので大丈夫です。

内面力を鍛えるには時間がかかります。

すぐに効果が出る方法や、楽なやり方を求めがちですが、地道に積み重ねていきましょう。

やはり最強なのは、尊敬のできる格上に会って価値観や生き方を吸収することです。

Twitterのツイート内容を参考にするのもありです。

内面磨きについては以上のような感じでしょう。

ここまでを改めてまとめると、

  1. 「共感トーク」で理解者ポジションを目指す。
  2. 相手の女の子を認めてあげる。
  3. トークで尊敬を集める。

身振りや手ぶりなどを付けてのリアクションも忘れずに。

リアクションがないとつまらないですもんね

身振りや手ぶりなどを使って、積極的にリアクションをとって楽しませていきましょう。

相手の話を聞くときも重い空気にならないように、話の内容をコントロールできたらいいです。

  1. 理解してくれる。
  2. 一緒にいて楽しい。
  3. 相手が気になる。

このように心理的な変化をさせるように意識させるといいでしょう。

上記のようなことに注意することで、相手に気分よく話してもらうことができます。

「不満足感」を与えよう!

ここまで、「共感力」が重要だという話をしてきました。

ただ、時間を意識せずにダラダラと相手の話を聞くのはナンセンス。

話が盛り上がったタイミングで、お店を出るようにしましょう。

なんでですか?

最後まで話を聞いてしまうと相手が満足してしまうから。

あくまでも、相手が満足するまでしゃべらせてはいけません。

盛り上がったタイミングで話を断つことで、不満足感を抱かせることがポイント。

人は満足したら興味を失ってしまいます。

敢えて話の盛り上がっているタイミングで席を離れるなどもいいかもしれません。

少し上級者向けのテクニックですが、相手によっては効果てきめんです。

ここまで、相手の話を聞くことを主張してきました。

ただ、相手の話したいことをひたすら聞き続けるのではなく、意識して会話をコントロールできると良いですね。

考え方としては、自分が相手を誘導することで、求めた答えを話させるということです。

このためには、クローズドクエスチョンを駆使していきます。

2択の質問などが当てはまりますね。

相手の話したいことを単純に聞いているだけでは成長はありません。

日ごろから、会話を誘導するなど小さい部分から練習をしていきましょう。

がんばります

「共感」することで相手の理解者ポジションの獲得を目指しましょう。

理解者として認識してもらうことができれば、相手からの食いつきが高まります。

最終的には、

もっと”あなたに”話したい!と思わせられれば成功です。

このような理由から、長時間にわたって聞きに徹することはよくありません。

なにより、1人に対して長い時間をかけるわけにもいかないですからね。

絶対に倒したい相手なら別ですが、そうでないのであれば1時間前後を目安にお店を出ましょう。

就活生ナンパで押さえておくべきポイント

就活生ナンパをするときに注意をするべきポイントがあります。

ポイントを押さえておかないと、失敗する可能性が高まります。

しっかりと知識を頭に詰め込んでおきましょう。

それでは、さっそく解説していきます。

就活生ナンパは時期に注意

就活生ナンパをするときにおすすめの時期は、

“春”です。

就活の前半と後半では「不安」の種類が異なります。

前半が、”未経験の出来事”に対する不安。

後半は、”就職先が定まらず余裕がない”不安。

当然ながら、後者の時期は非推奨です。

就活直後は余裕がありますからね。

春は就活を始めたばかりの子が多いです。

つまり、就活に対する”未経験の”不安が大きい時期。

具体的には、

  • 就職面接に対する不安
  • 企業選びの悩み
  • 今後の人生への漠然とした不安

就活直後は、なんとなく失敗しても大丈夫!という心の余裕があります。

経験がある方も多いのではないでしょうか?

時期が「冬」に近づくにつれて、就活生の心は荒んでいきます。

わざわざこの時期にリクルート姿の女性を狙う必要はありません。

もし後半でナンパをするのであれば、

  1. 自分も就職先が決まっていない
  2. 不安感の共有。
  3. 相手の愚痴を引き出す。
  4. 楽しませる。

という話で共感を狙いましょう。

話を引き出すことが難しいかもしれません。

ムーブとしては、前述の『共感』に記述の通りで大丈夫です。

就活生をナンパするときの服装とスポットについて

就活生をナンパするときには、どのようなスタイルが良いか不安な人もいるでしょう。

結論としては、奇抜なファッションでなければなんでもOKです。

スーツで合わせなくても良いんですか?

わざわざ合わせなくても大丈夫です。

基本的には、完全にスーツで固めてしまうと他の系統の女の子にアプローチが刺さりにくくなります。

そのため、半フォーマルな感じが理想です。

一緒にいて女の子が恥ずかしくない格好なら大丈夫

あからさまに、周りから見てナンパされていると思われるような系統は控えましょう。

例えば、ホスト寄せの系統で”リクルートスタイル”の女の子に声をかけることは非推奨です。

メイクに関しては、ナチュラルメイクで攻めることをオススメします。

メイクなんてできません。

メイクができなくても基本は大丈夫。

ただ、可能であればコンシーラーでニキビを隠すなどの練習はする必要があります。

ユーチューブなどで、初心者向けメンズメイク動画が多数アップされているので、ぜひ参考にしてみてください。

アイテムなどに関しては、こちらの記事が参考になると思います。

≫スト値爆上げアイテム15選!明日から簡単にできる!

服装についてまとめます。

  • 相手が浮かない服装。
  • 半フォーマルな服装を意識。
  • 過度なアクセサリーなどはNG

次に、スポットです。

こちらは、新宿や池袋、渋谷や東京駅周辺など。

特にココ!という狙い目なスポットは存在しないんですね。

就活生はいたるところに存在するので、サーチ能力を最大まで伸ばしましょう。

普段、あなたがナンパをするエリアに向かえば大丈夫です。

そこで、就活生らしき女性を見かけたら声をかければOK。

特別オススメのスポットを挙げるなら、ローカルナンパがオススメになります。

ひたすらローラーしていきましょう。

まとめ

就活生ナンパの要点をまとめます。

  • 共感や不安感にアプローチをする。
  • 相手の理解者ポジションを獲得する。
  • 価値観トークで尊敬を集める。

この流れを意識するだけで、普段負けてばかりの人はアポでの勝率が上がるでしょう。

時期や服装選びも重要ではありますが、最終的にはトーク力にかかっています。

自分が楽しめなければ、相手も楽しむことはできません。

日ごろから、言い換えの練習をするなど実践を繰り返していきましょう。
普段できないことが本番になって急にできるようにはなりません。

SNSで有益情報を見逃すな

Twitter

Instagram

Twitter・Instagramでは男性の恋愛・モテ情報を図解で発信中。フォローして最新情報を受け取りましょう。

就活生ナンパの画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次