【ナンパ】最適な時間帯を徹底解説!平日や昼でも可能なのか

【ナンパ】最適な時間帯を徹底解説!平日や昼でも可能なのか
  • ナンパっていつすればいいの?
  • 昼や平日でもナンパできるの?
  • 時間帯別の攻略法を知りたい!

といったような疑問を抱く方は多くいることでしょう。

実際に時間帯別に外出している人は大きく変わります。

そうですよね…。
いつもどの時間帯にナンパをすればいいのか迷ってしまいます…。

そこでこの記事ではナンパに適した時間帯の解説を行っていきます。

また、時間帯別の解説も後半にて行いますので、どの時間帯でもナンパが出来るようになるかと。

それでは見ていきましょう。

目次

ナンパがしやすい時間帯はいつなのか

ナンパの最適な時間帯

さっそくナンパに適した時間帯について書いていきます。

基本的にナンパは、

  • 人が多い
  • 暇な人が多い

といった条件が揃うと行いやすくなります。

人が多いとやはり声をかけられる人が多いためにやりやすくなりますし、逆に人が少ないと声をかけられる人の数が必然的に少なくなってしまうのでやりにくくなってしまいます。

ナンパで一番大切と言っても過言ではないのがどれだけ多く声かけを行えたのかということ。
それを行うに際して人が多い方が有利になるのです。

また、暇な人が多いことも大切になります。

いくら人が多いからと言って朝の通勤ラッシュにナンパをしても誰も立ち止まってはくれません。

18時以降から終電まで

この二つの条件を満たすのが「18時以降から終電まで」。

この時間帯になれば仕事が終わった人が街に出始めるため、人が多いことと暇な人が多いという条件が同時に満たされるのです。

実際にナンパをするならこの時間帯にしているという人も多いのではないでしょうか。

ナンパをするに際して王道の時間帯ではありますが、やはりナンパがしやすい時間帯でもあります。

どの時間帯にでもナンパが出来るということであれば、この時間帯にナンパを行うのが良いでしょう。

終電後

また、終電後もナンパがしやすい時間帯になっています。

終電後は終電前と違って人が少なくはなりますが、終電前と違ってその後の予定が定まっていない人が大半に。

そのため、声かけ数は終電前に比べて減ってはしまいますが、一つ一つの成功率は高くなる傾向にあります。

ただ、終電後になると少し癖のあり人が多くなってきます。
そういった人たちに対して耐性がない場合には最初は戸惑うかもしれません。

しかし、基本的にやることは同じです。

普段通りに毅然とした態度で相手と接することが出来れば臆することはありません。

昼間や平日にもナンパは可能なのか

昼間や平日でもナンパはできるか

続いては昼間や平日といったナンパがしにくそうな時間帯にもナンパは可能なのかについてです。

結論から言いますと、昼間や平日でもナンパは十分に可能。

確かに昼は夜と比べて多くの人が仕事をしている時間なのでナンパに応じてくれる人は少なくなるかもしれません。

しかしながら、

  • 学生
  • 看護師などの平日が休みの職業

といったような人を狙えば昼でも十分にナンパは可能です。

また、平日も休日に比べると暇な人の割合は少なくなりますし、休日に比べて遊ぼうという気持ちの人が少なくなります。

しかしながら、だからナンパをすることが出来ないということはありません。

とはいえ、適した時間帯に比べるとナンパがしにくいのも事実ではあります。
どちらの時間帯でもナンパが出来るということであれば、夜や休日にナンパをした方が良いでしょう。

それでも昼間や平日にもナンパをしたいということであれば、少し戦略を立てる必要があります。

しっかりと戦略を立てて行えばどの時間帯であったとしてもナンパは可能です。

次はその時間帯別の攻略法について見ていきましょう。

時間帯別のナンパ攻略

時間帯別のナンパ攻略

ここからは時間帯別の戦略を詳しく解説していきます。

といったように1日を4分割の時間帯に分け、これらをさらに平日と休日に分けて書いていきますね。

平日朝

この時間帯は一番難しい時間帯と言っても過言ではありません。

まず駅の周辺でナンパをしたとしても基本的にその場所にいる人は通勤ないし通学の途中。

そういった人は当然ナンパには応じてはくれないでしょう。

そのため、この時間帯は普通のやり方でナンパをしても通用しません。

なるほど…じゃあどうすればいいんですか?

この時間にでもナンパが成功しやすい特定の女性に声をかけていくのです。

その特定の女性というのが、

・仕事終わりの夜職

・朝までクラブなどで遊んでいた学生

前者に関しては早朝に繁華街に行けば出会うことが出来ます。

仕事終わりの解放感と仕事でお酒を飲んでいる場合には酔っているので比較的ナンパはしやすい状態。

ただ、夜職が相手の場合にはこちらの外見もある程度高くなくてはいけません。
また、夜職の女性に対して特別視してしまう人は主導権を相手に握られてしまうでしょう。

相手が夜職だからと言って他の女性と対応を変える必要はありません。

むしろ普段通りに接することが大切。

それに加えて夜職界隈の知識をある程度インプットしておくのも有効です。

こうすることで相手に共感を与えることが出来ますし、単純に会話の幅が広がります。

実際に夜職の人と話した際に多くの人はその界隈の話が出来ると仲間意識が芽生える傾向にあることを感じました。

軽く予習しておくだけで親近感を持ってもらえるのであれば、やらない理由はないかと。

そして、後者に関しては早朝にクラブの周辺に行ってそこにいる学生に声をかければOK。

こちらもすでにお酒が入っている状態であることに加えてオール明けなのでハイになっており、ナンパに応じてくれやすいです。

クラブから朝帰りをしている時点でその日は特に用事がないこともうかがえます。

こういった特定の女性を狙い撃ちすることが出来れば難しいとされる朝ナンパも不可能ではありません。
ライバルも少ない時間帯となっているので挑戦してみるのも良いでしょう。

平日昼

こちらもナンパがしやすい時間帯という訳ではありません。

ただ、朝に比べると難易度はぐっと下がります。

というのも先ほども書いたように、

・大学生

・平日に休みがある職業

の人たちが街に出ているためです。

基本的にこの時間帯に私服で外に出ている人はこのいずれかに当てはまる可能性が高いです。

逆にスーツ姿の人であれば仕事中である可能性が高いために成功率は低くなってしまいます。

仕事中の人でも昼休み中であれば番ゲまでであれば可能です。

ちなみに服装以外で判断するポイントもあります。

それが「紙袋を持っているか否か」。

いま買ってきたかのように紙袋を持っていればそれはプライベートで外に出ているわけですからナンパに応じてくれる可能性が高くなるのです。

これと同じ原理でこの時間帯にショッピングができるような場所で歩いている女性も狙い目です。

この時間帯はお酒が入っている人が少ない時間帯。

しかしながら、これは逆に相手に合わせてこちらもテンションを上げずに済むとも取れます。

ノリや勢いでナンパをしている人には不向きな時間帯かもしれませんが、

・ノリや勢いで押し切るのが苦手

・誠実にナンパするのが得意

・ワンナイトではなく彼女が欲しい

といった人には適した時間帯と言えるでしょう。

これらに当てはまる人はぜひ昼ナンパにも挑戦してみてください。

また、これらに当てはまるものの夜にもナンパしたいという人は、

・相手が酔っている場合には自分が酔っていなくとも相手と同じテンションで会話する

・夜に誠実でナンパするのもなしではないが、誠実で攻めるにしてもある程度の積極性が必要

といったようなことを意識にするようにしましょう。

平日夕

この時間帯になれば仕事終わりの人たちも街に出始めます。

そのため、ここからはそういった人を狙っていくのが良いでしょう。

流れとしては、

おつかれさま~!仕事終わり…?

はい、そうです。

一緒一緒!仕事疲れるよね…。

いやほんと疲れました。

仕事疲れを吹き飛ばすためにちょっと飲み行こ!

といったような王道の流れで問題ありません。

変に凝った会話をせずともこのようにシンプルな流れで自然に誘うことが出来れば十分に高い成功率を保てます。

また、ここで、

仕事疲れたから今日はいや

といったようにグダられてしまうこともあるかもしれません。

そういった場合には、

仕事で一日終わるの嫌じゃない?
どうせ家帰ってもすることないんだし、ゆっくり飲もうよ。

といったようにして崩していきましょう。

仕事終わりの時間帯はこのようなグダが生じる可能性がとても高いので自分なりにそれのかわし方を事前に考えておくのも良いかと思います。

平日夜

夜の前半であれば立ち回りは夕方と同じになります。

21時以降から終電前までであれば、飲み終わりの人が多くなってきます。

飲み終わりの人に対しては、

こんばんは!いま飲んできた感じですか?

はい、飲み帰りです。

あれでも、まだ飲み足りてないって顔してますよ?

いやそんなことないです笑

ええ、でも顔に飲み足りてないって書いてるよ笑
1時間だけでいいからもう一軒行こ!

といった流れで声をかけるのが良いでしょう。

基本的に平日の夜であれば次の日も仕事がある人が大半。

そのため、あまり遅くまでとなると相手も抵抗感を示してしまいます。

そのため、遅くはならないということをしっかりと伝えることによってグダを事前に回避することが需要です。

基本的にナンパはいかに自分の提案に応じるハードルを引き下げるのかが重要になります。

これをどの段階でも意識するようにすれば成功率は高くなるでしょう。

そして終電後に関しては終電を逃した人が相手になります。

終電後は家に帰れずその後の予定がない人が多いので、ナンパはしやすいです。

ただ、場所によっては本当に誰もいないといったようなことにもなりかねません。

できるだけ主要駅の周辺など繁華街で行うことをおすすめします。

休日朝

朝に関しては平日でも休日でも基本的に考え方は一緒。

ただ、平日に比べると休日の方が朝まで遊んでいる人の数が相対的に多くなります。

そのため、ある程度は難易度が下がるともいえるかもしれません。

とはいえ、やはり難しいことには変わりがありません。
この時間帯のナンパに挑戦する人はある程度の覚悟が必要です。

休日昼

こちらもやはり平日に比べて仕事の人が少なくなる分、ナンパはしやすくなります。

昼はその時間帯に飲みに誘うというのがなかなか難しいのですが、

・カフェ

・ショッピング

といったような健全なデートに関してはそこまで難しくはありません。

ナンパで遊ぶ相手を見つけたいというよりかは真剣に交際する人を探したい。

といったような人には夜よりも昼のナンパの方が向いていると言えるかもしれません。

休日夕方

この時間帯になれば飲みに誘いやすくなってきます。

また、仕事終わりの人は平日に比べて少なくはなりますが、休日は一人で暇つぶしをしている人が多くなります。

そういった人に声をかければ成功する確率は高いです。

また、やはり飲みに行くとお酒が入るので短期間で距離を縮めやすくなります。

昼のようにゆっくりと距離を縮めて誠実に親密度を上げていくのには不向きですが、一気に距離を縮めてラフな関係に持っていくのには向いていると言えるでしょう。

休日夜

やはりこの時間帯がナンパのゴールデンタイムになります。

人も多くいますし、基本的には仕事もなく時間が空いている人ばかり。

また、休日の解放感も相まってナンパはしやすくなっています。

立ち回り的には平日とほとんど変わりません。

ナンパを始めたての初心者の方はこの時間帯からやってみるのが良いかと思います

まとめ

要点をまとめます。

  • ナンパに適した時間帯は18時以降
  • 昼間や平日でも学生や看護師などを狙えばナンパ可能
  • 時間帯別に戦略を変えて成功率UP

確かにナンパがしやすい時間というのは存在します。

しかしながら、その時間にしかナンパが出来ないという訳でもありません。

今回の記事では時間帯別の攻略法を書いたので、それを参考にすればどの時間帯でもナンパをすることが出来るでしょう。

ただ、朝はやはり難易度が他と比べて高いので挑戦する人は覚悟が必要ではありますが。

SNSで有益情報を見逃すな

Twitter

Instagram

Twitter・Instagramでは男性の恋愛・モテ情報を図解で発信中。フォローして最新情報を受け取りましょう。

【ナンパ】最適な時間帯を徹底解説!平日や昼でも可能なのか

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次