図書館でナンパってできるの?ナンパのコツや注意点まで徹底解説!

図書館でナンパってできるの?ナンパのコツや注意点まで徹底解説!
  • そもそも図書館でナンパってできるの?
  • ナンパ成功の秘訣は?
  • 図書館ナンパでのメリット・デメリットとは?

といったようなことは図書館でナンパを試みるあなたにとって気になることでしょう。

まず図書館でのナンパが可能かどうかは気になりますよね。
結論から言いますと答えは「YES」です。

おお!

一見すると図書館でのナンパは不可能に見えますよね。
しかし、ナンパのコツやNG行為などを抑えておくことでナンパの成功確率が高くなります。

なるほど…詳しく知りたいです…!

そこで今回は図書館でのナンパのコツ、メリットさらにはNG行為まで詳しく解説していきます。

この記事を読んで図書館ナンパを極めちゃいましょう!

それでは見ていきましょう。

目次

図書館ナンパのメリット

図書館ナンパのメリット5選

はじめに図書館でナンパをするメリットに関して説明していきます。

ここでは、

  • ライバルが少ない
  • 本が好きという共通の趣味が作れる
  • お金がかからない
  • 知的な人と出会える
  • 幅広い年齢層がいる

に関してそれぞれ説明していきます。

色々なメリットがあるんですね。

そうなんですよ。
ストリートやクラブでのナンパと違って図書館ナンパ特有のメリットがあるんです。

様々なメリットを知っておくことで図書館ナンパに対するマインドが上がりますよね。

それではそれぞれについて見ていきましょう。

ライバルが少ない

まず1つ目”ライバルが少ない”こと。

図書館でナンパする人なんて普通いません。
ナンパは基本街中か飲食店でするものですからね。

たしかに。
図書館でナンパしている人なんて見かけたことないかも。

これ、本当にメリットでしかありません。

どんな事柄においてもブルーオーシャンを攻めるというのは重要なことです。

仮に図書館でナンパをする人が多ければ、そもそも女の子に警戒されてしまいますよね。

なるほど。
女の子に警戒されないのも大きなメリットなんですね。

そうです。
図書館でのナンパは”遊び感”が出ません。
そのため、女の子に本気度が伝わり、成功確率は高くなるのです

また、図書館にいるような子はおとなしい子が多いといえます。

なので”遊び感”を消せることは大きなメリット。

たとえ女の子が清楚系ビッチだったとしてもこれは有効です。
図書館は静かな場所で周りの目もあるので。

女の子は基本的に周りの目をかなり気にします。

チャラい感じを出しすぎるのはおすすめしません。
周りの目もあるので食いつきが高くてもナンパ失敗に終わる可能性があります。

本が好きという共通の話題を作れる

2つ目は”本が好きという共通の話題を作れる”こと。

共通の話題があるため話題提供に困りませんよね。

ストリートやバーでのナンパは相手のことが何もわかりません。

まあ、相手の特徴を連想してナンパをしていくのがストナンやバーナンの良さの1つなのですが。

とはいえ、これは

初心者にとっては難易度が高いですよね。

話のネタが切れかけたら話題転換しても不自然になりませんよね。

その話題の間に他の話題を探せばいいんですね。

そうです。
したがって、初心者の参入障壁は低いといえます。

ただやはり理想は本を逃げの選択肢として用意するのではなく、うまく利用できるといいですね。

物をうまく利用してナンパできるようになるには経験がものをいいます。
最初は失敗してもいいのでガンガン声をかけていきましょう。

ナンパできるマインドが欲しい方は以下の記事も参考にしてください!
ナンパマインドを伝授!メンタルで成功率をあげよう(lv-hack.com)

お金がかからない

3つ目は”お金がかからない”こと。

図書館は公共施設であることが多いですからね。

クラブやバーは入場料や飲食料がかかってしまいます。
その上、女性に奢らなければならないことも…。

そうなんですよね。
毎週通っていると経費がバカにならないです…。

金欠男性や学生にとっては非常に厳しいですよね。

しかし、図書館は入場料無料でナンパできちゃうんです。

その上、本を読みながらナンパする女性を探せますから退屈もしません。

知識も女性も手に入れることができて一石二鳥ですね。

知的な人と出会える

4つ目は”知的な人と出会える”こと。

場所によってどのような人がいるかは変わりますよね。

図書館には当然、知的で真面目な子が多いのです。

ストリートではどんな人かなんてわからないし、クラブなんて図書館と全く逆の人種がいます。

一方で、図書館には高確率で真面目かつ知的な子が多いですよね。

知的な子を狙い撃ちしたい人は図書館を主戦場にするのも1つの手です。

知的で真面目な子がタイプなので図書館でナンパしてみようかな。

いいですね!
がんばってください!

その他にも初心者は真面目な子でナンパの練習をするのもありです。

良い子ほど話かけられると無視できませんからね。

ただ、愛想笑いが上手な子も多いのも事実です。

したがって、相手の顔色・声などから相手が嫌がってないかだけはしっかり観察しましょう。

自己中心に話を続けてもナンパは上達しません。
相手を楽しませることがナンパの極意です。

幅広い年齢層がいる

5つ目は”幅広い年齢層がいる”こと。

女子高生から熟女まで幅白い年齢層の方がいます。

同世代はもちろん、年上女性や熟女好きにとってもおすすめできる場所です。

女子高生も本命としてならアリなので本当にタイプな子がいた時は声をかけてみるのもありかもしれません。

ただ、女子高生は不審者扱いされ、犯罪にもなりかねないので注意しましょう。

図書館ナンパのコツ

図書館ナンパのコツ

次に図書館ナンパのコツに関して解説していきます。

一見、図書館でのナンパなんて思いつかないかもしれません。
しかし思ったよりもやり方はあります。

ここでは、次の4つの方法を紹介していきます。

  • 手紙ナンパ
  • 同じテーブルで同じ本を読む
  • 相手をしっかり観察する
  • 本の場所を聞く

これを参考にして図書館ナンパを極めちゃいましょう。

上記4つの方法を実践しているうちに自分なりの必勝パターンも思い浮かんでくるはずです。

それでは見ていきましょう。

手紙ナンパ

1つ目は”手紙ナンパ”です。

これは文字通り文章でナンパをします。

図書館では基本的に大きな声は出せないので、その手段として手紙を有効活用するということです。

手紙ナンパの良い点は直の会話ではないため考える時間が多少あること。

それを踏まえた上で大事なポイントは、

  • 真面目に書きすぎない
  • 適度にユーモアを織り交ぜる
  • 考えすぎない

の3点です。

それぞれについて見ていきましょう。

真面目に書きすぎない

いくら図書館にいる子におとなしい子が多いといえど、女の子は基本的に「刺激」を求めています。

そうなんですか?

逆に図書館にいる子ほど刺激を求めている可能性は高いといえます。

真面目にナンパするのはマインドさえ持ち合わせていたら誰でもできますよね。

それだけではなく、くだけた印象を出すことが大切になります。

特に初心者はこれからのナンパのためにもちょっとふざけている感じを出せるようになりましょう。

適度にユーモアを織り交ぜる

あらかじめ3個ほどフレーズを考えて挑むことをおすすめします。

ユーモアは相手と仲良くなるための必須事項です。

1つ目の真面目にいきすぎない同様、会話が単調だと相手もつまらないですよね。

相手の勉強や読書時間を奪っているなら尚更です。
ナンパは失敗したとしても絶対に相手を楽しませること意識しましょう。

考えすぎない

これに関してはしっかりと意識しておきましょう。

当たり前のことですが非常に大事です。

考えすぎると逆に不自然なものとなるので注意しましょう。
あくまでも「会話」ですから。

また手紙ナンパは周囲の人に迷惑をかけません。

その点では女性にとって常識的な人なんだなと潜在的に植え付けることができます。

図書館という場所の特性を有効活用しましょう。

同じテーブルで同じ本を読む

これは王道の手法のひとつです。

図書館は時間や季節によっては混雑するので同じテーブルに座ること自体運任せみたいなところがあります。

同じテーブルに座れさえすれば大チャンスです。

あとは同じような本を選んでくるのです。

ここで注意点があるのですが、同じ本を選ぶからと言って相手の本を見過ぎないようにしてください。

それはどうしてですか?

人って基本的に誰かからの視線には気が付きやすいものです。

言われてみるとそうですね。

妙な視線は相手に不信感を与えかねません。
その上、同じ本を取ってきたことがバレるとナンパの成功確率はガクッと落ちてしまうので注意してください。

わかりました。

逆にこれを有効活用するとすれば、「その本面白そうだったので…」などと言ったような切り口から話しかけてみるのはありです。

ただ、初心者の方がこれをやると不自然さが目立つのでやめておきましょう。

あくまでバレないように相手の本を把握するのが吉。

本を読み始めて、ある程度時間が経ったところで、「そういえば同じ本ですね」などと爽やかに話しかけちゃいましょう。

爽やかに話しかけることができれば高確率で無視されません。

その上、話しかけ方も自然なのところが良い点です。

具体的な声かけ方法に関しては次の記事を参考にして見てください!
【決定版】ナンパの声かけパターンはこれだけ抑えれば完璧!(lv-hack.com)

また図書館が混み合っておらずターゲットと同じテーブルに座れそうな場合は席に座る前に同じ本を選んでおきましょう。

この方法だと上記の視線による不快感を与えてしまう心配もないでしょう。

1回でターゲットの本が把握できなくても数回素通りすれば大丈夫です。

見知らぬ人が通りかかってもほとんどの人は意識すらしませんから。

相手をしっかり観察する

3つ目は”相手をしっかり観察する”です。

あれ…?
先ほど、相手を直視しすぎるのは良くないと言っていませんでしたか?

あくまでじろじろ見るのが良くないだけです。
しっかりと相手を観察すること自体はとても重要なことになります。

ストリートナンパと違って長時間観察できるメリットがあるんです。

なのでナンパの成功確率をあげたいなら相手の

  • 服装
  • メイク
  • 持ち物

などから相手の特徴を捉え声かけ時の役に立てましょう。

持ち物から推察するのは中級者以上向けです。
しかし、初心者も最初の段階から洞察力を身につけておきましょう。

これは図書館だけでなく、普段街を歩いているときにも練習できます。

ながらスマホなんてやめて観察に時間を費やしましょう。
まあ、その段階で声かけできることが一番なんですけどね。

以下に女性のタイプ別にウケの良い服装を示しておくので参考にしてみてください!

ストリートに出た際やこの先のナンパで必ず役に立つので女の子の観察は変質者にならない程度に常に練習してください。

女性にウケの良い服装

本の場所を聞く

最後は、”本の場所を聞く”です。

話しかけ方がわからない人は立ち読みしている人に「僕もその本興味あるんですよ!」や「その本面白いですよね!」などとシンプルに話しかけてみてください。
決して強ばった表情でいかず爽やかに話しかけましょう。

一旦話しかけることさえできればその後の話にも持っていきやすいです。

地蔵してしまう人は特にこの手法で見知らぬひとに話しかける癖をつけていくのが良いでしょう。

ただ周りの迷惑にだけはならないように気をつけてくださいね。

また上記でも説明したようにこの方法はストリートナンパに近い手法かもしれません。

しかし明確にストリートナンパとは違う点があります。

それは何ですか?

ずばり「ストリートでの文脈のない声かけではない」ということです。
したがってかなり自然にナンパを始めることができます。

本の場所を聞こうとしているだけなので無視されてしまう可能性も少ないのでおすすめです。

ストリートナンパの超初級編として挑戦してみてください。

図書館は基本的に良い人が多いので話しかけやすいです。

臆せずガンガン声をかけていきましょう。

図書館ナンパのデメリット

図書館ナンパのデメリット

最後にデメリットに関して解説します。

ここでは以下の3つに関して紹介していきます。

  • 出会い目的の人は少ないので難易度は高め
  • 図書館の外で声かけをしない
  • 私語厳禁

上記の通り、紹介することは基本的な事柄が多いです。

しかしこれから紹介することに関してミスをしてしまうとナンパ失敗が濃厚になります。
それだけでなく最悪の場合、出禁になってしまいます。

それでは見ていきましょう。

出会い目的の人は少ないので難易度は高め

1つ目は”出会い目的の人が限りなく0である”ことです。

当然ですよね。
図書館にくる目的なんて勉強するか本を読む以外にないのですから。

出会いを求めている女の子は街でナンパ待ちしていますからね。

かといって、不可能な訳ではありません。

なぜなら、女の子のほとんどは常に運命的な出会いを求めているからです。

これは本能的なもので抗えるものではないです。

少女漫画などは大変人気で2次元の王子様が出てくる点からも想像できますよね。

したがって運命感を少しでも想起させることができれば勝負できると言えます。

そのために重要なことは何と言ってもスト値(顔の造形美)です。
そのほかにもノンバーバル(振る舞い)、清潔感と言ったようなことが重要になってきます。

やはり顔が良いに越したことはないですからね。

スト値を上げたい人は以下を参考にしてください。
スト値上げでナンパ成功率を上げよう!外見向上の極意がここに(lv-hack.com)

図書館の外で声かけをしない

2つ目は”図書館の外で声かけをしない”です。

もちろん、図書館の外で声を掛けることが禁止されている訳ではないです。

じゃあどうしてだめなのですか?

理由としてはシンプルに怖いからですよね。

女性の不快感と警戒心が高ますし、図書館内で「気になって…」とか言ってもずっと見ていたのかと疑われかねないです。

しかも、その時点で声をかけるなり手紙を渡すなりしないと男らしくないです。

もし女の子を邪魔してしまうと思っているなら、せめて図書館を出る前までにしましょう。

私語厳禁

3つ目は”私語厳禁”です。

図書館は公共施設であるものが多いため、無料で使用可能。

しかし私語厳禁をはじめとしたルールも厳しいです。

周囲の迷惑になってしまうので仕方のないことなのですが…。

図書館ナンパにおける1番の難所ですね。

なにより、うるさくなってしまうと女の子にもマイナスな印象を与えてしまいます。

好みの女性を前に興奮してしまうのも無理はありませんが、絶対に周りの迷惑にはならないようにしましょう。

まとめ

要点をまとめます。

  • ライバルが少なく初心者にとってもナンパがしやすい。
  • 本という話題から自然な声掛けが可能。
  • NG行為を避ければ図書館ナンパは簡単。
  • ストリートナンパの練習に最適。

今回の記事にて紹介したことをしっかりと理解すれば図書館でのナンパは余裕でしょう。

あとは、実践あるのみなので今日から早速試していきましょう。

インプットするだけでは意味がないので、どんどん行動していきましょう!

SNSで有益情報を見逃すな

Twitter

Instagram

Twitter・Instagramでは男性の恋愛・モテ情報を図解で発信中。フォローして最新情報を受け取りましょう。

図書館でナンパってできるの?ナンパのコツや注意点まで徹底解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次