スキー場ナンパのコツやメリットは?スキー・スノボをうまく活用してナンパの成功確率をあげよう!

スキー場ナンパのコツやメリットは?スキー・スノボをうまく活用してナンパの成功確率をあげよう!
  • そもそもスキー場でナンパって可能?
  • スキー場でナンパをするメリットは?
  • スキー場でナンパをすることによるデメリットは?
  • スキー場でナンパの成功確率を上げるには?

などはスキー場でナンパをするあなたにとって非常に気になることでしょう。

この記事ではスキー場ナンパのメリット・デメリットと共にナンパを成功させるコツまで解説していきます。

この記事を読めばスキー場でのナンパの成功確率が格段に上気ることができるはず。

それでは見ていきましょう。

目次

スキー場(スキー・スノボ)でのナンパは可能なのか?

スキー場ナンパって成功するの?

実際にスキー場でナンパはできるのか?

これはみなさんが大前提として気になることの1つでしょう。

“ゲレンデマジック”なんて言われたりしますがこれは本当に存在するのでしょうか。

経験上、ただの男の理想である気がします。

否。
スキー場でのナンパは「可能」なんです。

この記事でこれから解説していくことを実行できればあなたも夢のスキー場ナンパを成功させることができるでしょう。

何よりこれから紹介することはスキー場ナンパだけにとどまらず様々な状況でのナンパに応用できることです。

それは非常に気になります。

それではこれから解説していくのでお見逃しなく。

スキー場ナンパのメリット

スキー場ナンパのメリット

最初にスキー場でナンパをすることによるメリットに関して考えていきましょう。

ここでは、

  • スキー・スノボが共通の趣味になる可能性が高い
  • スキー・スノボを教える名目でナンパできる
  • 女性の意識にも”ゲレンデマジック”は存在する
  • 話題に困ることが少ない

に関してそれぞれ説明していきます。

メインではスキー場ナンパのメリットを説明していますが、ナンパをする上で非常に重要なことも説明していますのでしっかり読んでくださいね。

最初にスキー場ナンパのメリットを知っておくことでナンパのモチベーションが高まりますよね。

そうですね。
現状、成功体験がないのでスキー場ナンパのメリットが想像できません。

ここで説明する4つのスキー場ナンパのメリットを知ってスキー場ナンパのモチベーションを高めておきましょう。

それでは見ていきましょう。

女性の意識にも”ゲレンデマジック”は存在する

男子学生などは特に”ゲレンデマジック”を意識してますよね。

同様に女子学生、社会人女性も”ゲレンデマジック”を意識しているということです。

女子学生・社会人女性ともにスキー・スノボガチ勢以外は旅行や思い出づくりでスキー場に言っている可能性は高いですよね。

確かに…。
しかしそれのどこがメリットになるのでしょうか。

はい。
旅行の時って人間はかなり浮かれてしまいますよね。

その浮かれた心情を利用するというわけですね。

そういうことです。

我々男性が旅行などで浮かれているのと同様、女性も浮かれていないわけがないんです。

その上、女性は男性が思っている以上に男性を求めています。

婚活女子などがその最たる例。

特に、女子大生やOLなどは彼氏がいない場合、常に彼氏を求めていますよね。

たしかに、女性って基本的に男性の話しかしていませんね。

そこでゲレンデに魅力的な男性がいればすぐにときめいてしまうわけです。

普段街中でなら絶対に声をかけられても無視するような男性でもです。

以上のように”心が浮かれた状態”っていうのはスキー場だけでなく他の非日常的な場面にも当てはまります。

普段よりも女性の心に隙がある分、そこを狙ってガンガン声をかけていきましょう。

スキー・スノボが共通の趣味である可能性が高い

女性がスキー・スノボガチ勢ではなくとも趣味としてスキーやスノボを楽しんでいる可能性は大いにあります。

実際にアウトドアスポーツとしてスキーやスノボはかなり人気ですよね。

運動神経の良い子が遊びで技などを練習しているのもよく見かけます。

スキーやスノボを1から教えるのはめんどくさい人でも彼女らをナンパできると無駄な時間を過ごすことなく楽しめますね。

女性と関係を構築するときに共通言語を簡単にもてるのは大きな意味があります。

自分たちの趣味を実際に行いながら話すことができるのは正直言ってチート級です。

下手すればその日中にかなり仲良くなることも。

スキー・スノボ女子をナンパして華やかで楽しいゲレンデを満喫しちゃいましょう。

スキー・スノボを教えるという名目でナンパできる

これは後ほど説明するのですが、自分がある程度上手いという前提条件もあります。

  • 上達するのに困っている女性
  • こけて立ち上がるのに苦労している女性
  • ゲレンデを眺めているだけの女性

など彼女らにスキー・スノボを教え、上達すれば必ず感謝されます。

日常でこのようなシーンはなかなか訪れません。

スポーツができるという男らしさやわざわざ教えてくれるという”優しさ”に惚れ惚れする女性も少なくないでしょう。

ここで意識しておくべきことがあります。

ここでいう、”優しさ”はそのままの意味で間違っていません。

しかし、女性攻略をしていく際に、”優しさ”という言葉の意味を履き違えてしまっている男性も多数。

ここで一度認識を改めておきましょう。

女性には優しくしろと教えられたのですが…。

女性が本能的に求めている”優しさ”とは、

  • 責任をとってくれる
  • 主導権を握ってくれる
  • 器の大きさ

を示しています。

決して、「奢ってくれる」など女性の好意を買うために媚を売るような行動ではないことを認識しておきましょう。

女性が好きな男性ランキングなどで”優しさ”は常にランクインしていますがこの記事を見たあなたは騙されないようにしてください。。

女性は”建前の生き物”なので本音を出すことは決してありませんからね。

今まで間違った認識をしていたので感謝です。

街中で美女や可愛い子と歩いているのが「オラオラ系やイケメン、男気が溢れいている男性」であることからも想像は容易ですね。

これを知っておくだけでも女性攻略において他の男性と差をつけることができるのは間違い無いでしょう。

少し話が逸れてしまいましたが、3つ目のメリットに関しては以上です。

話題に困ることが少ない

街中でのナンパに比べて、スキー場ではお互いに共通のことをしているという点で優れていますよね。

リフトやゴンドラでは日常的な話もできます。

その上、滑っている間はその状況にあった楽しい雰囲気で話せますよね。

コミュニケーションが得意でない人もスキー・スノボ自体が言語になってくれるので助かりますよね。

したがって、スキー・スノボが得意な人は絶好のナンパスポットにすることができます。

スキー場(スキー・スノボ)ナンパ成功へのコツ

スキー場ナンパのコツ

次にスキー場ナンパ成功の秘訣に関して説明していきます。

メリットがわかったのでお待ちかねのナンパ成功のコツに関して説明していきます。

ここでは、

  • リフトで相乗りになった時に距離を詰める
  • 服装(視認性)を意識する

の2つについて説明していきます。

ナンパ成功に直結する細かい注意点まで解説しいきますのでお見逃しなく。

それでは見ていきましょう。

リフトで相乗りになった時に距離を詰める

大きめのスキー場に行けば通常のリフトではなくゴンドラを使用する場合もあります。

基本的にゴンドラは6人乗りくらいですのでナンパに最適。

これが最も自然にナンパできるシーンと言っても過言では無いです。

かなり普通の会話からヌルッと女性の会話に入っていける可能性も高くなります。

話しかけ方としてはそこまで意識しなくても大丈夫です。

  • どこから来たのか
  • どういう経緯で来たのか

など簡単な質問で良いでしょう。

大事なのは、

  • 女性のテンション感に合わせる
  • 身振り手振りは大きく

のノンバーバル(振る舞い)です。

ノンバが強いと話している内容が普通でも楽しそうな雰囲気の男を演出できます。

まあ、このノンバーバルが一番難しいんですけどね。
いわゆる陽キャ感が出せていれば問題ないでしょう。

あとは到着間近に「一緒に滑ろうよ!」という感じで誘ってしまいましょう。

成功すればあとはスキー・スノボに任せて仲良くなるだけです。

しかし、もしここで断られるなら諦めて次に行っちゃいましょう。

粘着質すぎると相手もこちらも楽しく無くなってしまいますからね。

服装(視認性)を意識する

これ案外重要です。

ここでは、

  • 道具はレンタルで良いか
  • 服の着こなし方

の2点に関して説明していきます。

まずは”道具はレンタルで良いか”に関してです。

スキー・スノボだからといってレンタル用品で良いか、それとも持参するべきかは相手によって変わってしまうでしょう。

相手が初心者の女性である場合は、レンタル用品でも構いません。

そもそも初心者女性はそこまで気が回っていないので。

相手が中級者くらいである場合はスキー・スノボ用品を持参していくのが良いでしょう。

道具自体が話のネタになる可能性は十分にありますからね。

知識・見た目などを総合的に考えると、道具は持参することをおすすめします。

次に、”着こなし方”に関してです。

スキーやスノボをするのに着こなし方とかあるのですか…。

いえ、そこまで難しいことではありません。
これは”視認性”の話です。

スキー場では防寒のためにニット帽を被りゴーグルもつけますよね。

その状態で声をかけられても怖いだけです。

当たり前のことではありあすが、ゴーグルなどは外して顔を見える状態にしておきましょう。

顔(スト値)に自信がない人は口元まで隠して話かけましょう。

スト値上げに関しては以下の記事を読んでみてください!

>>スト値上げでナンパ成功率を上げよう!外見向上の極意がここに(lv-hack.com)

スキー場ナンパのデメリット

スキー場ナンパのデメリット

最後にスキー場ナンパのデメリットに関して説明していきます。

ここでは、

  • ナンパに成功しても住んでいる地域が遠い可能性がある
  • スキー・スノボが下手だと不利
  • 顔が確認しづらい

の3つに関して説明していきます。

やはりデメリットも存在します。

スキー場ナンパにおいてはデメリットはそんなにありません。

心に留めておく程度で良いので意識しておきましょう。

それでは見ていきましょう。

ナンパに成功しても住んでいる地域が遠い可能性がある

これはよくある状況ですね。

せっかくナンパできたのに相手が近くに住んでいないとどうしようもありませんよね。

これに関して割り切るしかないでしょう。

相手がその場限りになってしまいそうなのであれば、ストナンの技術を駆使してその日中にお持ち帰りするしかないでしょう。

ストナンに関して以下の記事を参考にしてみてください。

>>【KGBのストナン完全戦略】ストナンのやり方と有効的な声掛けを解説(lv-hack.com)

スキー・スノボが下手だと不利

上手だとかっこいいところを見せられるのでやはり有利です。

また、教えてあげながら仲良くなるということも出来ます。

スキー・スノボーが下手だとそれが出来ないのでやはり不利です。

とはいえ、逆に教えてもらう中で仲良くなることも出来ます。

立ち回り方を変えればいいだけなので下手でも戦えないわけではありません。

顔が確認しづらい

自分の顔に関しては先ほど紹介したので問題ないと思います。

しかし相手の顔がはっきりわからないというのはどうしようもないですよね。

ナンパに成功してもあまりタイプではなかったなんてこともざらにあるでしょう。

これに関しても割り切るしかないです。

天気の良い時でもほぼ目しか見えていないなんて状況はザラにありますから。

確認する方法についても、

  • 休憩所でいる時
  • リフトやゴンドラなどで写真を撮るとき

といったようにあまり機会は多くありません。

まとめ

要点をまとめます。

  • スキー場でのナンパは可能!
  • 非日常の心理状態をうまく活用する。
  • モテるための”優しさ”を意識する。
  • 住んでいる地域など、どうしようもないデメリットもある。

今回の記事にて紹介した事項をしっかりと理解すればスキー場でのナンパなら心配不要です。

あとは実践するのみなので頑張って女の子に声をかけていきましょう。

アウトプットによってのみ人は大きく成長します。
積極的に声をかけ経験を積んでいきましょう。

SNSで有益情報を見逃すな

Twitter

Instagram

Twitter・Instagramでは男性の恋愛・モテ情報を図解で発信中。フォローして最新情報を受け取りましょう。

スキー場ナンパのコツやメリットは?スキー・スノボをうまく活用してナンパの成功確率をあげよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次