【完全版】田舎・地方ナンパの攻略法!メリット・デメリットも解説

  • 田舎でナンパってどうやるの?
  • 知り合い以外いないんですけど…
  • 田舎での立ち回りを知りたい…

都会ではなく田舎でナンパしようと思っている人なら、このような悩みを抱えている方は多いでしょう。

田舎でナンパなんて無理!と考えている人が多いので実はブルーオーシャンだったりします。

この記事を読めば田舎に住んでいる人はもちろん。

旅行で立ち寄った先でもナンパしたい人でも使える立ち回り方を学ぶことができます。

それではさっそく見ていきましょう!

目次

田舎・地方ナンパの前提知識

「田舎・地方」でナンパをしよう!

と思ったときは声をかけるよりもまず先にやるべきことがあります。

それは田舎や地方でナンパするに際しての知識をつけておくことです。

ナンパにおいてアウトプットが大切なのはもちろんです。
しかし、インプットを疎かにしていいというわけではありません。

ここからは田舎や地方でナンパを行うことのメリットデメリットについて話していきます。

これを読んで田舎・地方ナンパの特徴をつかんでください。

田舎・地方ナンパのメリット

田舎や地方でナンパをするメリットなんて本当にあるのか疑問に思う人も多いことでしょう。

おそらく、多くの人は真っ先にデメリットが思い浮かぶはず。

しかし、田舎・地方ナンパにもメリットはあります。

田舎のメリットなんて本当にあるんですか?

もちろんあります!
簡単にまとめると下記の通りです。

  • ナンパ慣れしていない子が多い。
  • ライバル(競合)が少ない。
  • 関係構築がやりやすい。

なるほど…詳しく知りたいです!

それぞれ解説していきますね。

ナンパ慣れしていない子が多い

最大のメリットともいえるのはナンパ慣れしている女性が少ないことです。

擦れている子が少ないため、声をかけたときのオープン率が高いことが特徴。

そもそも、男性に慣れていないという子も多いです。

純粋な子が多いってことですね!

経験人数0という子が多いのも特徴です!

それは嬉しいです!

しかもナンパのハードルも低いので、慣れれば最高の環境になるでしょう。

都心部での声かけでは

・ガン無視される

・暴言を吐かれる

などが日常的です。

しかし、田舎や地方であればそういった可能性はグンと下がります。

それにより声かけのハードルも低いです。

ガン無視の不安がないのはいいですね!

ただ、不審者扱いされないように注意は必要です。

オープン率が高いので、田舎ナンパは初心者向きと言えるかもしれません。

ただ、その後の会話が続かなければ意味がないので、日々トーク力を磨いておく必要はあります。

トークについて詳しく知りたい!という方はこちら⇩

【詳しいトークスキルの解説はこちら】

ライバル(競合)が少ない

地方や田舎でナンパ活動をしている人は圧倒的に少数。

都心部よりも競合者が少ないので、圧倒的にブルーオーシャンです。

たしかに!
でも誰もやらないってことは理由があるんじゃないですか?

詳しくはデメリットの部分で解説します!
しかし、誰もやらないスポットで戦うこと自体は間違ってません。

田舎や地方でナンパをするのは厳しいというのが一般的な考え。

だれもナンパ活動をしていないからこそ、ナンパ慣れしていない女性が多いことにもつながります。

そのため、行動に移すことのできる人が環境を独占することができます。

他の人がやらないことに挑戦をするのは自己成長にもつながりそうです!

関係構築がやりやすい

田舎・地方でのナンパでは、都心部に比べて関係構築が比較的やりやすいです。

そのため、長期的な関係を狙うことも容易。

どういうことですか?

地方部では娯楽が少ない傾向にあります。

あなた自身が女の子にとっての娯楽になることで関係性を続けやすくなるのです。

例えば、LINE通話や日常会話でのやり取り。

これだけでも、特別感を与えることができます。

自分との時間を楽しみに感じてもらうということですね!

そもそも、他の異性との出会いが少ない子が圧倒的に多いです。

それに加えてそこまでライバルのレベルが高くないのもチャンス!

ユーモアなどを駆使することで、周りの男たちと差別化を図れば長期的な関係構築はしやすいです。

田舎ナンパのデメリット

ここまでメリットを解説してきました。

メリットがあれば当然デメリットも存在します。

デメリットを押さえておくことは成功への近道です。

簡単にデメリットをまとめておきます。

  • 移動するときはデフォルトで車が必要。
  • 直接ホテルに向かうのが難しい。
  • 知り合いに遭遇する確率が高い。

デメリットも詳しく教えて欲しいです!

それぞれ解説していきますね!

移動するときはデフォルトで車が必要

田舎では都会みたいに交通網が張り巡らされていません。

そのため、田舎や地方部での移動は基本的に「車」での移動が基本となります。

車がないとホテルに搬送することも難しいです。

車を持ってないと、何もできないって事ですか?

移動の手段が限られる地域では厳しいです。

とはいえ、相手の車に乗せてもらうという手段もあるので悲観することはありません。

2人とも車を持っていない場合には、即日ホテルは難しいので別日に回した方が良い可能性も。

しかし状況次第では、車がなくても使える戦法があります。

詳細は後述します…!

ここで押さえておくべきポイントは、

「田舎・地方」でのナンパ活動では「車」の重要度が高い

ということです。

逆に言うと、車さえあれば融通が利くということです。

声をかけてドライブなどで仲良くなった後に打診してみましょう。

うまくいけば、そのままホテルに連れ出すことができます。

ただし、閉鎖的な空間だからと焦ってガッツかないことが大切。

一歩間違えると犯罪になってしまうので、

  • 無理やり連れ込まない。
  • 相手の表情や態度を察する。
  • 帰りたそうにしていたらおとなしく放流。

これらのことに注意して立ち回りましょう。

普段よりも相手の様子に気を付けます…!

車内では距離感を意識することがマストです!

直接ホテルに向かうのが難しい

これは、都会に比べてホテル街まで行くのに時間がかかるという理由もありますが、

女性の中には、周りの人にナンパされてる姿を見られたくないという人もいます。

田舎・地方では特にナンパ慣れしていない人が多い分、見られるのを嫌がる人も多いでしょう。

勝率にも影響してきそうですね!

そうですね!
こんな女性心理もあるんだなくらいに抑えておくといいです。

参考になります…!

そのため、場所によっては連絡先の交換だけにとどめることも必要です。

アポはLINEなどで約束を取り付けて、後日デートと言う流れをとりましょう。

知り合いに遭遇する確率が高い

「田舎・地方」では都心と比べて人口が少ないことが特徴です。

そのため、地元のコミュニティが狭いので、知り合いに遭遇する可能性が高くなります。

女性の中には、知り合いにナンパされてる姿を見られたくないという人もいるでしょう。

というのも、地元でコミュニティが形成されているからです。

そういう点からも、ホテルへの搬送は車がデフォルトとなります。

人の目があるからということですか?

そうですね!

また、閉鎖的なコミュニティだとすぐに「噂」として広まってしまいます。

それを避けるためにも、なるべく人から見られることは避けましょう。

下校時間や帰宅ラッシュの時間を避けるなど時間帯を工夫してみるのも有効です。

デメリットは以上となります。

田舎・地方ナンパの立ち回り

ここまでで田舎・地方でナンパをするメリットデメリットはわかっていただけたかと。

ここからは実際に田舎・地方でナンパする時の立ち回りについて解説していきます。

田舎・地方ナンパを攻略する上で適切な立ち回りをしないと成功するものもしません。

なので、意識すべきポイントを理解して失敗しない動き方ができるようにしましょう。

意識すべきポイント

田舎・地方ナンパといっても都会でするナンパと全く別物ということはありません。

ただし、だからといって全く同じ立ち回りをすればいいかと言えば、それも間違いです。

田舎・地方には田舎・地方の意識すべきポイントがあります。

具体的なポイントとしては

  • ホテル打診には時間をかける
  • まずは仲の良い異性になる
  • 色恋は使わない

があげられます。

ここからはそれぞれについて解説していくので、成功率を上げるためにもしっかりと抑えておきましょう。

ホテル打診には時間をかける

田舎・地方の人が立ちまわるのであれば、少し時間をかけることがオススメ。

関係構築もそこそこにホテル打診などをするのは控える方が良いです。

なんでですか?初回で誘わないのは相手に失礼って教わりました。

たしかに1回目から誘うのは間違いじゃありません。
しかし、田舎などの地方では気を付ける必要があります。

前述した通り、田舎では「噂」が広がる速度が速いです。

「噂」が広がると言わずもがな他の女の子からも警戒されることになります。

そうなってしまうと、もうその地域はナンパしづらい環境になってしまいます。

こういったリスクを考えると時間をかけてでも関係構築をしっかりしてからホテル打診をする方が良いでしょう。

【リスクあり】ナンパ ⇒ ホテル(当日)
【無難】ナンパ ⇒ 健全デート ⇒ホテル(後日)

まずは仲の良い異性になる

仲の良い”友達”としてのポジションというよりは、仲の良い”異性”。

男として認識されないことは問題なので、適度にボディタッチをするなど異性化を目指しましょう。

感覚としては、みんなと仲の良い異性キャラを意識すること。

徹底的に「噂」されない環境を作ることが必要です。

また、ナンパをする際にも、相手にナンパされたと印象付けるのは好ましくありません。

純粋に良い出会いだったなとプラスのイメージを持ってもらえるようにするのがポイント。

ユーモアなどで楽しませることが有効です。

色恋は使わない

『色恋』を使うと周囲との関係も破綻するので、押し引きに注意することは大切です。

その地域の特性上、複数人キープも難しいこともよくあります。

ここに関しては、自分のキャラと自信(マインド)に左右されることが大きいです。

色恋は、”好き”とか相手をその気にさせるような行為のことですね。
自分が”あなたの”彼氏になりますと勘違いさせるような言動はNG。

自分が圧倒的に格上の存在となることを目指しましょう。

モテるだろうから、彼女になるのは難しいだろうなと相手に印象付ける感じ。

特に、何かに夢中で取り組んでいて忙しい人というキャラ付けができたら最強です。

見た目がチャラいほどギャップが生まれます。

人としての尊敬を集めて仲良くなったらホテルへ。

このときも2人だけの秘密として約束しましょう。

周囲にバレたときのデメリットなどを話して印象付けておくことも有効です。

慣れないうちは難しいかもしれませんが、少しずつ挑戦してみてください。

思考を止めず、つねに考えながら行動することが大切です。

連れ出し後の立ち回り

ここまでで、田舎・地方ナンパの立ち回りで意識すべき点は抑えられたかと思います。

しかし、田舎・地方ナンパをする上で困るのが連れ出し先。

都心であればホテル街に連れ込めばいいだけですが、田舎では少し立ち回りが異なります。

車移動または後日アポ

基本的には電車で移動が難しいので、車の移動が前提。

タクシーを利用するとなると金銭的な負担が大きくなってしまうためです。

そのため車が無い場合は基本的に後日アポを取り付ける形がセオリー。

ホテル街の近くで立ち回れるなら車無しでも問題ありません。

田舎・地方ナンパでおすすめの搬送先

田舎・地方ナンパで連れ出すなら、

  • ホテル
  • 車内
  • 相手or自分の家

この3つがおすすめです。

ナンパ後すぐの連れ出し先としても、後日デートアポで集合した場合の連れ出し先としても利用できます。

カラオケ店などは、リスクの方が高いので控えておく方が良いです。

車内に関しては、時間帯と場所に注意しましょう。

比較的上級者向けです。

時間帯や自分の都合に合わせて臨機応変にやっていきましょう。

田舎・地方でのおすすめのナンパスポット

さて、田舎・地方でナンパするために必要な知識はここまでで理解していただけたかと思います。

しかし、女性と出会うことのできる場所を知らなければ何の意味もありません。

田舎ならではのスポットもあるので、さっそく確認していきましょう。

  • 大型ショッピングモール
  • 主要駅前やアーケード通り
  • 大型書店
  • 公園・カフェ

「田舎・地方」でナンパをするときに問題なのは、声をかける場所。

路上で声をかけようものなら、誰かに見られてうわさが広がってしまうこと可能性が高いです。

なるべく周りから目立ちにくい場所で行いましょう。

大型ショッピングモール

まずは、イオンやヨーカドー、ゆめタウンなどの大型ショッピングモールです。

もはや、地方や田舎のナンパスポットとして定番中の定番。

声をかけてそのままカフェで話しても良いですし、車でドライブに行くのもあり。

カフェの他にも、フードコートや書店、雑貨屋さんにアパレルなど。

アパレルでのナンパ方法については下記を参照ください。

≫アパレル店員のナンパの仕方ついて徹底解説!お客さんの口説き方も解説!

休日などであれば、1人~2人で遊びに来る女性の数も増えるので押さえておきたい場所。

モール内では、その場に合わせて臨機応変な対応が求められます。

1か所でうろうろしていると迷惑かつ目立つので控えましょう。

1番効率が良いのは、モール内をひたすらローラーしていくこと。

雨の日は特におすすめです。

雨の日にナンパをしたがるライバルが少ないということはもちろん

意外と人もいるので狙い目となっています。

主要駅前やアーケード通り

定番中の定番ですね!

主要な駅前でのローラー作戦です。

また、駅前にはアーケード通りという大通りがあることもしばしば。

普通にストナンするってことですね

そうです!

しかし、人通りが多いといっても田舎。

都心などに比べて交通量は少ないので目立ちます。

なるべくナンパ感は消したいので、ストリートは控えておくといいかもしれません。

一時的に滞在しているだけなら問題ないです!

田舎在住者はなるべく目立たないように…

目立ちにくいナンパをするなら、これから紹介するスポットがおすすめです!

大型書店

大型書店もナンパスポットとしてオススメです。

書店で立ち読みをしているような女性は、多少の時間があることが予想できます。

静かな環境なので落ち着いた声かけが必要。

ポイントは急に話しかけないこと。

どのようなシチュエーションでも言えることですが、相手に認知してもらってから話かけることを意識しましょう。

相手から不必要に警戒されることになってしまいます。

特に本屋では書籍に意識が向いていることが多いので、声のかけかたには注意が必要です。

相手の意識に自然に入り込むことを意識しましょう。

店舗によってはカフェやレストランが近くにあることも多いので、そのまま搬送することも可能。

本屋でナンパをするときは、環境を利用して書籍を用いて話題を広げることがオススメです。

公園・カフェ

穴場スポットとして公園やカフェが挙げられます。

公園は県立公園のような広さのあるところがオススメ。

ベンチに座っている人や散歩をしている人を中心に声をかけていきましょう。

ナンパ感は出さないようにしましょう。

いい天気ですね!とかでも大丈夫ですか?

オープナーはなんでも大丈夫です!

不自然な入りじゃなければオープナーはなんでも良いでしょう。

もちろん公園をメインの戦場として立ち回るのは効率が悪いので、散歩のついでなどにするのが良いです。

時間帯は、夜よりも昼間の明るい時間帯がオススメです。

暗い時間帯だと、不用意に警戒させてしまうので避けましょう。

カフェはどうなんですか?

カフェナンパも王道中の王道です。

カフェ内での具体的な口説き方は下記を参照してみてください。

【カフェでナンパしてみたい人はこちら!】

まとめ

今回は田舎・地方ナンパの攻略法について解説していきました。

全体的な要点をまとめると、

  • メリットとデメリットを把握し臨機応変な対応をすること。
  • 「噂」を回避するために目立つ行動はNG。
  • スポットごとの立ち回り方を把握すること。

今回の記事で紹介した事項をしっかりと理解すれば「田舎・地方」でのナンパにおいて心配不要です。

後は実践あるのみなので、積極的に女の子に声をかけていきましょう。

インプットした知識は使ってこそ真価を発揮します!
失敗から得られることもあるのでドンドン実践していきましょう。

SNSで有益情報を見逃すな

Twitter

Instagram

Twitter・Instagramでは男性の恋愛・モテ情報を図解で発信中。フォローして最新情報を受け取りましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次